内閣改造!入閣の顔ぶれが続々と明らかに

内閣改造!入閣の顔ぶれが続々と明らかに
安倍晋三首相(自民党総裁)は11日に行う内閣改造で、小泉進次郎元復興政務官(38)を環境相として入閣させる意向を固めた。首相は「安定と挑戦の強力な布陣」を目指すとしており、第2次内閣発足から続投する麻生太郎副総理兼財務相(78)と菅義偉官房長官(70)以外の、19閣僚中17人を交代させる大規模改造を行う。発信力のある若手の小泉氏起用で政権のイメージ刷新と「挑戦」の象徴とする一方、党役員の多くを留任させて政権の「安定」も図った。

入閣の顔ぶれが続々と明らかになっています。
11日の内閣改造をめぐり、安倍総理大臣は二階派の武田良太・元防衛副大臣と麻生派の田中和徳議員を初入閣させる意向を固め、再入閣となる加藤勝信総務会長を、厚生労働大臣に内定したことがテレビ東京の取材で分かりました。
さらに初入閣の菅原一秀議員は経済産業大臣に、西村康稔官房副長官は経済再生担当大臣に内定、また衛藤晟一総理補佐官は1億総活躍担当大臣に、河井克行議員が法務大臣に内定しました。
このほか、高市早苗議員が総務大臣での再入閣が固まりました。

【動画タイトル】

独自 武田氏田中氏初入閣 加藤氏厚労

テレ東NEWS YouTube

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう