RADWIMPS野田洋次郎、上白石萌音へ初の書き下ろし

RADWIMPS野田洋次郎、上白石萌音へ初の書き下ろし

10月18日公開の映画「楽園」。主演に綾野剛、杉咲花、佐藤浩市さらに、わきを固める俳優陣に、柄本 明、村上虹郎など、豪華出演者が終結したことでも、話題を集める同作。

7月中旬に、映画の予告が解禁された際、10秒程度使用されていた主題歌に、主演の綾野剛が自身のInstagramで「♯美しき歌声」とコメントしたことで、SNSでも「誰が歌っているの?」との投稿が相次いでいた。
そして、本日この映画の主題歌を歌唱しているのが上白石萌音、歌唱している楽曲「一縷」(いちる)はRADWIMPS 野田洋次郎の作詞・作曲・プロデュースによる、完全書下ろし作品であることが発表された。
上白石萌音×野田洋次郎と言えば、映画「君の名は。」(‘16)公開当時、主人公:三葉の声を演じた上白石萌音が、主題歌のひとつであり空前のヒットを記録したRADWIMPSの「なんでもないや」をカバーし大きな話題となった。以来、約3年ぶりとなる本作で、野田が初めて上白石に楽曲を書き下ろした。
映画「楽園」は、ある地方都市で起きた少女失踪事件から始まるストーリー。孤独な青年・豪士(たけし)(綾野剛)と、失踪した少女の親友だった紡(つむぎ)(杉咲花)。不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたり。だが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して事態は急変する。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善(ぜん)次郎(じろう)(佐藤浩市)は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていたが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤独を深める次第に正気は失われ、誰もが想像つかなかった事件に発展する。2つの事件、3つの運命、その陰に隠される真実を追い求めるストーリー。
そんな物語の脚本を読んだ野田が、重厚感のあるこの映画の登場人物たちそれぞれの小さな『願い』を込め、「一縷」(いちる)を制作。そして、上白石のレコーディングが行われたのは、今年の3月。それまでにも楽器やオーケストラのレコーディングの様子など、楽曲の制作の過程が、随時野田から上白石に送られてきていたという。

【動画タイトル】

RADWIMPS野田洋次郎 上白石萌音へ初の書き下ろし楽曲「一縷」 映画『楽園』 主題歌に決定! 予告編が公開

oricon YouTube

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう